一時的な移転

たとえば、新居の建て替えなどの理由で、一時的に引越しをしなければならない場合があります。仮住まいになるわけですが、こんな場合、住民票などはどのようにしたら良いのでしょうか?
家族全員で、一時的な引越しをするのであれば、その期間にもよりますが、住民票を移動した方が良い場合もあります。というのは、子供の福祉関係などが、市町村によって、違うことがあるので、移転先に住民票がある方が便利だと思います。
ただし、基本的には、家の建て替えなどの一時的な移転の場合は、住民票を移動する必要はないとされています。長期滞在という形ですので、役所に提出する義務はありません。
また、世帯主だけが単身赴任で数か月、自宅を離れるような場合にも、住民票はそのままでもかまいません。郵便物だけを移転先に届けてほしい場合は、その旨を郵便局へ連絡をすれば、転送という形で対処してもらえます。
もちろん、水道、ガス、電気などのライフラインは、各所へ連絡をすることで、使用が可能となります。
子供の学校が絡んでくる場合は、越境通学などの対処がなされますが、各市町村によっても違いますので、学校関係に問い合わせをしましょう。子供の学校の環境を変えないために、その一定期間は実家や、近くのホテル住まいをするという家庭もあるようですね。いずれにしても、なるべく住んでいる環境を変えないことが、子供にとっては望ましいということでしょう。家族でより良い方法を考えたいものですね。

関連ページ

同じ建物内の引越し
単身引越しなら1分で数十社の見積もりを簡単に取れる単身引越し見積もり比較サイトを使いましょう。格安引っ越し業者などあなた好みの業者が見つかります。全国どこでも対応中。最大50%OFFの特典付き。
ビジネスマンの単身引越しの際
単身引越しなら1分で数十社の見積もりを簡単に取れる単身引越し見積もり比較サイトを使いましょう。格安引っ越し業者などあなた好みの業者が見つかります。全国どこでも対応中。最大50%OFFの特典付き。
業者を使わない引越し
単身引越しなら1分で数十社の見積もりを簡単に取れる単身引越し見積もり比較サイトを使いましょう。格安引っ越し業者などあなた好みの業者が見つかります。全国どこでも対応中。最大50%OFFの特典付き。
運べないものをどうする
単身引越しなら1分で数十社の見積もりを簡単に取れる単身引越し見積もり比較サイトを使いましょう。格安引っ越し業者などあなた好みの業者が見つかります。全国どこでも対応中。最大50%OFFの特典付き。
女性の単身引越しの場合
女性の単身引越しの際の注意点や必要な情報をお教えします。女性の単身引越しは何かと大変な事が多いです。参考にしてください。