特殊な引越しについてのカテゴリ

特殊な引越し記事一覧

引越しと言っても、まれにあるのが、同じ敷地内の引越しです。同じマンション内で、広い間取りの部屋に引っ越すなど、たまに見られる引越しですが、こんな場合、人々は引越しをどのように行っているのでしょうか?ほとんどの場合は、自分や友人たちだけですることが多いようですが、男手がなかったり、妊娠中の主婦さん、小さな子供がいる場合などは、引越し業者に頼む人もあるようです。たとえば、一階から2階への引越しであって...

一昔までの引越し業者と言うのは荷物を目的地まで運ぶのが主な仕事で、それ以外のサービスに重点を置いている業者はあまりいませんでした。しかし、現在では競争の激化も後押しして、価格競争だけではなく、サービスの質で勝負している業者も増えてきています。実際、今の顧客は価格にも焦点を置きますが、それ以外の付加価値が無ければ利用してくれないでしょう。なので、どれほど依頼料が安い業者であっても最低限のマナーと丁寧...

引越しをするけれど、高い金額で、引越し業者を使うのがもったいないと考える人も多いですね。確かに、引越し業者は、高額な金額を提示してきます。もちろん、トラックにかかる費用、人件費、運搬にかかる費用などですので、高額ではありますが、決して不可解なものではありません。しかし、引越しをする側からすると、引越し先の転居費用、引越し後の新生活にかかる費用を考えると、引越しそのものはなるべく安くしたいというのが...

たとえば、新居の建て替えなどの理由で、一時的に引越しをしなければならない場合があります。仮住まいになるわけですが、こんな場合、住民票などはどのようにしたら良いのでしょうか?家族全員で、一時的な引越しをするのであれば、その期間にもよりますが、住民票を移動した方が良い場合もあります。というのは、子供の福祉関係などが、市町村によって、違うことがあるので、移転先に住民票がある方が便利だと思います。ただし、...

単身引越しの場合は、引っ越し荷物がそれほど多くないので、自分で荷造りや運送をすることも多いと思います。また、最近では、引越し業者の単身プランを利用する人も増えてきています。サービスの内容は、それぞれの業者によって異なり、質の高いサービスを受けることができるところもあります。自分に合ったプランを選ぶことで、引越し費用を抑えることも可能です。単身引越しをする場合は、業者のオプションサービスを積極的に利...

単身引越しプランを利用する場合に最近はレディースプランと呼ばれるプランが用意されているので、女性が一人暮らしをするという理由で転居の予定がある場合などはこのプランの利用をおすすめしますが、一部の業者では取り扱ってない場合があるものの、大手の業者であれば大抵のところで対応してもらうことができます。いくら業者のスタッフだからと言っても男性スタッフに部屋を見られることや荷物を運ばれることに対して抵抗感が...