引越しに関する手続きについてのカテゴリ

引越しに関する手続き記事一覧

引越しをするということは、いろいろと役所に手続きをしなければなりません。まずは、転出届と転入届です。これは、住民票を移動するということですが、引越しする2週間くらい前から手続きをすることができますが、新しい場所への転入届と共に引越し後14日以内に手続きを完了しなければなりません。世帯主か本人が行なうことになりますが、どうしてもそれが難しい場合は、委任状を持った代理人でも可能です。また、郵送で行うこ...

引越し先でもしなければならない手続きがいくつかあります。引越し先の役所などに、転入届を出しましょう。これは、引越し後、2週間以内に完了しなければなりません。この時に、国民保険や児童手当など、福祉関係の手続きも併せて行うと、効率的です。また、印鑑登録や、原付自転車の手続きも同時に行いましょう。原付自転車の場合は、前の住所で、廃車手続きも必要ですので、市町村が変わる場合は注意しなければなりません。これ...

単身引越しで悩むのが、ご近所への挨拶です。最近は、人間関係が希薄になっていることもあって、引越しの挨拶という風習が無くなりつつあります。挨拶したことによって、犯罪リスクを高めることになることもあるので、周辺環境を確認してから行う人も多いです。特に、女性の単身引越しの場合、近隣への挨拶は注意が必要です。少しでも不安があるなら、身内に挨拶を代わりにしてもらうか、依頼している業者に代行でしてもらうことも...

引越し業者の料金設定ですが、基礎運賃は、運ぶ距離や時間などから算出されるので、距離が長くなればなるほど高くなります。当然ながら、遠くなるほど業者の拘束時間が長くなり、燃料費用が高くなるので、それらのコスト分をカバーするために、費用が高くなるのです。基礎運賃については、それぞれの業者によって大差はなく、費用に差が出るのは、どちらかというとオプションサービスや人権費、スタッフ教育にかかったコスト回収な...

単身での引越しで避けられない問題の一つとして、生活用品を買い揃えなければならないということが挙げられます。世帯ぐるみの引越しの場合では前の家に会ったものをそのまま新居に移動させればいいだけですが、単身だとそうはいきません。それでも、生活用品を買い揃える費用を少しでも減らすためにも、使用できるものは新しい家に持ち込むことで費用をある程度抑えることはできます。なお、生活用品を揃える際には必ずしも量販店...

単身引越しをする場合は家族引越しと比較した場合に新居へ運ぶ荷物が少ないことから荷物を入れるための梱包資材はそこまで多く用意する必要はないと思いますが、それでもいくつかダンボールは必要になります。依頼する業者によってはダンボールなどの梱包資材を受けとることができる場合もありますが、有料になっているケースも少なくないので必ず料金の有無を調べておいて有料設定になっている場合は他の方法を検討するようにしま...